肝斑(かんぱん)をシミウスで薄く出来るのか?

肝斑(かんぱん)をシミウスで薄く出来るのか? |

肝斑(かんぱん)をシミウスで薄く出来るのか?

顔に出来るシミはメラノサイトという細胞が紫外線などの刺激を受けると、肌を守るために作り出すメラニン色素が原因で出来てしまうものです。

 

しかし肝斑は一般的なシミができるメカニズムとは違い、女性ホルモンの影響を受けて出来てしまうものです。

 

30代ごろから肝斑ができる人が増え始め、閉経を迎えると女性ホルモンの分泌量が減少しますので自然と消えて行きます。そのため、従来の美白用のスキンケアは、紫外線の影響を受けにくい肌にしたり、出来てしまったメラニン色素の沈着を防ぐ効果しかなかったため、肝斑は薄くしたり消すことができないといわれてきました。

 

 

そんな、女性には手ごわい敵ともいうべき肝斑を薄くすることができるスキンケア商品があります。それがシミウスです。
肝斑ができる原因は女性ホルモンのため、シミウスを使っても完全に消すことは出来ないといわれています。

 

しかし、肝斑は紫外線の影響を受けて濃くなってしまうという特徴があり、この点に関しては他のシミと同じです。

 

 

しっかりと紫外線の影響を受けた肌をケアし、シミができるのを防ぐことができるシミウスの働きで、肝斑が濃く、大きくなってしまうことを防ぐことができ肌の透明感も上がるので「薄くなった」と感じる人が多くなっているのではないか、という意見があります。

 

 

また、シミウスに配合されているプラセンタエキスやシコンエキスがメラニンが生成されるのを防ぎ、肌のターンオーバーを整えてくれる効果が期待できます。肌のターンオーバーが加齢などの原因によって遅くなってしまうと、出来てしまったメラニンの排出が間に合わなくなるのでメラニンが沈着してシミになってしまいます。

 

 

ターンオーバーが正常化すればシミが出来てしまった肌の細胞もスムーズに肌から排出されるようになりますので、シミができやすい肌に代わって行きます。
これらの作用が複合的に効果を現すため、シミウスを使っていると肝斑が薄くなったと感じる女性が多いのです。