効果2倍!美白ジェルとウォーキングで身体の奥からのシミ対策

効果2倍!美白ジェルとウォーキングで身体の奥からのシミ対策 |

効果2倍!美白ジェルとウォーキングで身体の奥からのシミ対策

シミ対策用の化粧品として、シミウスのホワイトニングリフトケアジェルが非常に人気があります。この商品の注目ポイントは、マッサージクリームの機能にまでこだわっているところです。ダブルクリスタル製法といって、マッサージに適したジェルの内側に美白有効成分を抱えるジェルを入れるという2層の構造になっていますので、マッサージに適したつくりとなっています。実際に利用してみると肌馴染みが良く、揮発しにくいことが分かります。

 

マッサージでは手と肌との摩擦を最小限にしなければなりませんが、このジェルは粘弾性に優れていますので肌に負担をかけることなく行えます。マッサージをするとリフトアップ効果が得られますので、美白を促しながらアンチエイジング対策にもなる方法であり、この商品一つで10役もこなす優れものですのでホワイトニングリフトケアジェルだけあればOKです。1商品で10役というのは業界初のことですが、その機能は化粧水・乳液・美容液・クリーム・アイクリーム・パック・マッサージ・保湿・美白・化粧下地と実に幅広いケアを行えることが分かります。

 

 

長い間シミが改善されなくて悩んでいる人でも、朝晩のお手入れにホワイトニングリフトケアジェルを導入すれば少しずつ改善される可能性がありますので、まずは自分の目で確かめてみることが大切です。シミができてしまっても、肌細胞は常に生まれ変わりを繰り返していますので、古い細胞が排出される際にメラニンを抱える肌細胞も排出されて薄くなるはずなのですが、新たがメラニンがどんどん生成されてしまうとなかなか薄くなりません。

 

 

 

ターンオーバーの周期も年齢を重ねると共にどんどん長くなってしまいますので、それが更にシミのリスクを高める要因になります。肌細胞の働きがいつも同じというわけにはいかず、体調面に左右されたりストレスを受けることで鈍ったりしますので、そのような時にはシミができないように適切なお手入れをする必要があります。肌中でメラニンが生成されないように有効成分をしっかりと届けることができれば、新たなシミのリスクはかなり下がります。

 

 
ホワイトニングリフトケアジェルがシミ対策に効くのには3つの理由があります。1つ目は、美白に有効な成分であるプラセンタエキスが高濃度に配合されており、肌に浸透するとメラニンの生成を抑制するからです。その結果、日焼けによるシミやそばかす、くすみを予防することができるようになります。

 

 

 

他にも肌に潤いを与えてバランスを整えることで肌細胞が活性化されますので最終的には美白作用を高めることにつながるのですが、潤いを与えるのに効果を発揮しているのがコラーゲンやシコンエキス、ヒアルロン酸です。これがシミ対策に効く2つ目の理由になるのですが、有効成分が肌に浸透すると弾力やハリが出てきて、透明感も戻ります。肌を良いコンディションに維持するためには、朝晩欠かさずホワイトニングリフトケアジェルでお手入れをすることが大切です。3つ目の理由は、ダブルクリスタル製法によってきちんと肌の隅々まで届けられることです。

 

 

通常のマッサージジェルとは違って高濃度の美白成分が含まれていて潤いケアもできるような商品ですので、本格的なケアを行うことができます。シミ対策を行う場合には、全身の血行を改善することも大切です。代謝が良くなれば体内の循環が改善されて不要なものの排出が進みますし、細胞も活性化されます。代謝を高める方法としておすすめなのがウォーキングなのですが、ウォーキングを行う際には日焼け止めクリームをしっかりと塗って、紫外線カット機能を持つ上着を羽織り、つばの大きい帽子をかぶるなどして完全武装で臨まなければなりません。

 

 

歩いている時に日差しを浴びてしまえば、その刺激によって肌中でメラニンの生成量が増加してしまいますので、紫外線対策は徹底しなければなりません。日焼け止めクリームの注意点として、朝塗れば一日効果が持続するようなものではありませんので、規定時間が過ぎる前にこまめに塗り直す必要があります。特に紫外線の強い季節はほんの少しの時間でも油断ができませんので、万全の体制でウォーキングを実践する必要があります。

 

 
歩き始めて15分から20分程度が経過すると体が温まって汗をかき始めますが、その頃から燃焼が始まってダイエットに効果が出始めるといわれています。目的は全身の循環を高めることですから長時間歩く必要はありませんが、少なくともうっすらと汗をかく程度には歩かなければなりません。歩く前と同じ状態だという場合には代謝をアップさせるほどの効果が得られていない可能性が高いので、あまり意味がなくなってしまいます。程良いペースで少し長めに歩くことで全身の血行が良くなって、肌細胞も活性化されます。ウォーキングは全身の有酸素運動ですので、代謝を高める方法として非常に有効な手段です。