シミ対策にアロマを使うときの注意点とシミウスなどの方法

シミ対策にアロマを使うときの注意点とシミウスなどの方法 |

シミ対策にアロマを使うときの注意点とシミウスなどの方法

紫外線やメイクなどの肌へのダメージは加齢することによって現れてきます。加齢によって新陳代謝が落ちてしまうことによって肌のターンオーバーもうまくいかなくなり、シミや乾燥、くすみなどの肌トラブルにつながっていきます。そんな肌トラブルを防ぐためのケアがスキンケアですが、天然由来の成分で肌をケアしたい時に利用することができるのがアロマオイルです。アロマとは植物の花や茎、幹などからとれる精油のことをいいます。

 

 
肌のターンオーバーを促進する、壊れた組織を回復させるための機能があるカモミールジャーマンやゼラニウム、パチュリ、フランキンセンス、ミルラなどが挙げられます。くすみやシミをなくして美白をさせる効果があるグレープフルーツやセロリ、レモンなどのほか、シミの原因となってしまうメラニンを抑制する効果のあるアイリスやゆず、ローズマリーなどはメラニン抑制だけではなく肌の炎症トラブルにも効果的です。

 

 
メラニン生成の原因の一つとなってしまうのが活性酸素です。活性酸素を除去するものとしてはラベンダーやローズ、クローブなどがあります。直接的に肌に作用するわけではありませんが、シミの原因となってしまう睡眠不足やストレスを緩和する効果のある精油もあります。安眠効果の得られるものとしてはカモミールローマン、サンダルウッド、ベルガモット、ラベンダーなどがオススメです。ストレスを緩和するにはイランイランやグレープフルーツ、マンダリン、ミモザ、メリッサなどなどが良いとされています。

 

 
これらの精油を希釈する効果のあるキャリアオイルと混ぜて使ったり、フローラルウォーターに混ぜて使うなどをしてスキンケアに役立たせることが可能です。天然由来のものですので、肌に合っていれば肌に負担がなく、香りによってリラックス効果が得ることができるなど様々なメリットのあるケアを行うことができます。しかし、アロマの種類によっては逆にシミの原因になってしまうこともあるため注意が必要です。

 

 
注意点としては、レモンやグレープフルーツ、ベルガモット、ゆず、アンジェリカ・ルートなどの柑橘類からとれるものは光毒性があることを知っておく必要があります。これらのアロマの中に含まれている成分の中には紫外線に反応してしまうものがあり、つけたまま紫外線を浴びてしまうとシミの原因となってしまいます。精油の濃度が濃かったり、紫外線が強い、あるいは両方の状況が重なってしまうと重い火傷になってしまうケースもあります。

 


希釈濃度によって効能のある時間は異なってくるため、レモンなどを利用するときにはなるべく夜に使って、使用後は日光に当たらないようにすることが無難といえます。天然由来のため安全だと思われがちですが、体質によっては合わないこともあるため必ずパッチテストを行ってから利用することも大切です。もっと確実にシミ対策をしたいという場合には、シミに対して効果のある成分を含んでいるスキンケア用品を使うことをオススメします。

 

 
そのシミ対策となるスキンケア用品として人気なのが「シミウス」です。シミウスとは、文字通りシミを薄くする効果のあるホワイトニングリフトケアジェルになります。美白と保湿などの機能があるオールインワンジェルで、マッサージを行うことによってより高い効果を期待することができます。有効成分としては、まずプラセンタが配合されています。プラセンタにはビタミンやミネラル、タンパク質や活性ペプチドなど様々な成分が含まれており抗酸化作用によってシミやシワを防ぎます。

 

 

 
また、チロシナーゼというメラニンを生成する酵素の働きを抑制する効果があるため、シミの改善や予防に効果的です。コラーゲンも含まれており、外側から直接肌に塗ることによって新陳代謝を活発にします。新陳代謝が活発になることで肌のターンオーバーもスムーズに行くようになりシミになった皮膚をどんどん外に追いやってシミを薄くしていきます。ヒアルロン酸は肌に塗っても肌の奥には入っていかないうるおい成分です。しかし、肌に塗ることによって肌の水分の蒸発を防ぐ働きがあります。

 

 
他にもサクラ葉抽出液はメラニンを生成を抑制する働きとプルネチンというイソフラボンの効果によって肌の保湿とバランスを整えることができます。シコンエキスは昔から漢方として使われてきた成分で、ニキビなどの炎症を抑える効果やターンオーバーの活性化にも効果があります。シナノキエキスはフラボノイドを含んでいます。保湿や引き締め、抗菌などの効果を得られます。

 

 
アルニカエキスは血管を拡張して血流をよくしていきます。血流が良くなれば肌に栄養が行き渡りやすくなり、くすみのない肌を作ることができます。他にも様々な効果があり、肌トラブルを改善するのにも役立ちます。入浴後にマッサージをしながらつけると効果的ですが、化粧下地としても使うことができるなどこれ一つで様々な利用方法があります。