カネボウのシミ対策化粧品が有名ですがシミウスとどちらがシミに効くの?

カネボウのシミ対策化粧品が有名ですがシミウスとどちらがシミに効くの? |

カネボウのシミ対策化粧品が有名ですがシミウスとどちらがシミに効くの?

カネボウのシミ対策化粧品として有名なエビータホワイトシリーズがあります。ビタミンCとビタミンEの二つの有効成分が配合されていてメラニンの生成を抑えシミやそばかすを防いでくれます。またローヤルゼリーエキス、ハト麦エキス、Wコラーゲン、ホワイトティーエキス、ヒアルロン酸、ローズ水という高い保湿成分も豊富に配合されているのでハリや通夜のある美肌へと導いてくれます。

 


クレンジング、洗顔料、化粧水、美容液、乳液、クリームという6つのステップが別紙九ケアとなっていますが、スペシャルケア用品としてとして、忙しい朝でも簡単に使うことができる、乳液、クリーム、美容液、UVカッと下地が一つになったジェル、美白成分と日焼け止め、そして化粧下地が一つになったジェル、強力ななUVカットと美白効果、高保湿トリートメント効果があり美白と日焼け止め乳液、そして化粧下地が一つになったUVカット乳液があります。

 

 
実際にカネボウのエビータシリーズを使っている人の口コミとしては「美白化粧水なのにしっとりしてモチモチ潤う感じが良い」「ほかのメーカーのものは湿疹や肌のざらつきがあったが、今は肌の調子が良い」などと使い心地や保湿効果はとても良いと評価されています。エビータシリーズには紫外線を浴びてしまった後の肌のケアとしても十分すぎるほど肌の乾燥を防ぐための成分が配合されているので、さらに美白成分も十分配合されているので、肌の保湿を保ちながらシミやそばかすを予防するスキンケア用品となっています。

 

 
また、シミ対策のスキンケア用品としてメビウス製薬から「シミウス」という商品が販売されています。オールインワンジェルを主として販売していて、化粧水、乳液、アイクリーム、保湿、美容液、マッサージ、クリーム、パック、化粧下地、美白の一台で10役をこなすオールインワンジェルです。高濃度で配合されたプラセンタエキスがメラニンの生成を抑制してシミを予防し、コラーゲンと紫根エキスが潤いのある素肌を作り、ダブルクリスタル製法で作られた美白とマッサージの2層のジェルがマッサージに適した粘弾性の高いジェルとなっているので、オールインワンジェルを塗ってマッサージをすることで肌のハリや弾力を取り戻し、新陳代謝の力を高めてくれるので、メラニン色素をどんどん排出してくれるという効果が期待できます。

 

 
実際にメビウス製薬のオールインワンジェルを使った人からは「使用感がよく肌が潤います」「マッサージが気持ちよい」「20代の自分には保湿効果がありすぎるくらい」「アイテム一つでよいので楽で続けられる」などと使い心地の口コミのほかに「以前より肌の色が明るくなった」「以前は血色が悪かったけれどマッサージ効果なのか顔色が良くなった」「シミができてショックでしたが毎日のマッサージでシミが薄くなってきた」「目元にもハリが戻ってきた」などとできたシミが薄くなってきたという口コミも実際に多数あります。

 

 

 

ただできたシミを薄くするに対して即効性があるわではないので使用し続けることが大切です。あくまでもマッサージをしっかり続けて使用し続けてきた人たちの口コミとなります。このようにカネボウエビータシリーズもシミウスも美白成分や保湿成分が十分配合されているスキンケア用品ですが、マッサージをすることができるジェルのシミウスのほうがマッサージ効果でできたシミもどんどん排出されて薄くなっていくという効果が期待され、実際に薄くなってきたという声も多く上がっているのでシミウスのほうがシミ対策としては効果があると言えます。

 

 

オールインワンとしてはカネボウのエビータシリーズにもあるので、そのジェルを使用すれば毎日簡単にスキンケアができるという点では同じです。カネボウのほうはビタミンCとEの二つの成分がメラニンの生成を防いでくれ、日焼け後の肌も保湿効果の高い成分が肌の保湿をしてくれるためシミのできにくい肌にと導いてくれるので、肌の乾燥を防いでシミを創らないという場合にはカネボウのほうがシミ予防には有効と言えます。またシミだけでなく高い保湿やマッサージ効果で肌にハリやツヤを取り戻す効果としてはどちらも期待できます。

 

 
そしてどちらを使うにしても毎日使ってそれを継続することが必要です。そのためにはコストパフォーマンスが高いことが大切です。エビータホワイトジェルは税抜きで2000円、シミウスは税抜きで3795円なので2倍程度価格は違ってきます。しかし30日間返金保証付きのお試しコースがあり、リピート率は93.9%という数字です。ただ市販されていないのでどこでも購入できるというわけではなくインターネットか電話での注文となり、定期購入にすると少し割安になる分、余ってきた理すると電話なので休止や延期を申込むことになります。その点エビータは市販されているのでドラッグストアなどどこでも購入することができるのでほしいときに購入することができるという手軽さがあります。